<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
パリのスノードームが増えました。
パリのスノードーム

パリに行ってた家族からのお土産は、やっぱりこれ! 
時代と共に変化をとげるスノードーム。 
形もガラスの球体からプラスティックの楕円へ、
中に入ったその土地の名所も
立体からフイルムやイラストのものへ変化しています。 
(その中でも、立体のエッフェル塔が一緒にはいったものを探してくれました。) 

左と中は、90年代にパリでゲットしたもの。
昔のものは、やっぱりスノードームでも味がありますね。

旅で集めたeggグッズ
egg 卵グッズ

買い付けの合間に見つけたエッググッズ。
最初は、ヨーロッパのエッグケースを集め始めたのをきっかけに
今では、新旧問わず、エッグにまつわるものを収集中。

今回は、ジェイミーオリバーの店で見つけたエッグのキッチンクロスと
ウッドでできたエッグ、古本屋で1970年代のeggの辞書など...

あえて探さず、時々の出会いを大切にしています。

スノードーム
スノードーム コレクター  

友人からお土産でもらったものや、
自分へのお土産にと買いためたスノードーム。 
コレクターの人の足下にも及ばないが、
みかん箱一杯ぐらいはありそうだ。 
海外から持ち帰る時に、水抜きをして(重いので)そのままのものや
水が蒸発してしまったもの、埃がはいったものなど 
メンテナンスしようとストックから出して来たものの 
ひとつづつ、眺めていると、
旅の想い出に浸ってしまい、なかなか作業が進まない....
柳宗理さん
yanagi 柳宗理 民藝 


年末、柳宗理さんの訃報が流れました。

柳宗理さんとの出会いは15年程前。

ミッドセンチュリーブームの中、民藝も浮上して

当時働いていたお店でもいち早く、

柳宗理さんのプロダクトを取り扱いがはじまりました。


それまで民藝などとは無縁で、

むしろ野暮ったさを感じていたほどでしたが、

会社で民藝に触れ、民藝と深く関わりのある

柳宗理さんのプロダクトに夢中になりました。


使いやすさの工夫がされ、

シンプルで生活に取り入れやすいこともあって、

気がつけば、我が家のキッチンウェアの大半は柳宗理プロダクト。

今でも、新しいものを買い直す必要もなく、使い続けています。

これからもずっと。



スケジュール帳えらび
デルフォニックス コーテット ヨーロッパの文具 ヨーロッパのステーショナリー アンティーク文具

今年もスケジュール帳を買いそろえる時期になりました。
毎年、新しいデザインのものにするのも楽しいけど
4年前からデルフォニックスのリネンシリーズの手帳に定着しました。

選んだ決めては、シンプルで書き込みやすく、
毎年定番で発売してくれるから。
ベースの色は黒と決めて、
毎年表紙の文字の色の変化をささやかな楽しみにしてました。
しかし今年は、昨年と同じ配色。

迷った結果、今年は、コーテッドのリネンシリーズにシフトしました。
外見はほとんどデルフォニックスの手帳と変わらないので
並べておいた時も違和感がありません。

コーテッドの手帳は、
フォントの大きさから文字の配列、余白・ラインなど
細かなところまで、好みのバランスだったりします。