<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< HP UPDATED! バスケットやフォトフレーム、方位磁石、リネンのクロスなど | main | イギリスで見つけた小さなアンティークを並べてみました! >>
HP UPDATED! フランス製のコーヒーカップやジャムジャー、アンティークスクエアプレートなど

カフェオーレボールの代表的なメーカーでもあるフランスのDIGOINのコーヒーカップ。職人によるフリーハンドの濃淡のあるストライプが魅力です。さりげなく10角形の側面や高台のデザイン、裏面のロゴなどフランスらしさが感じられます。

 

カフェオーレボールの代表的なメーカーでもある

フランスのDIGOINのコーヒーカップ。

職人によるフリーハンドの濃淡のあるストライプが魅力です。

さりげなく10角形の側面や高台のデザイン、

裏面のロゴなどフランスらしさが感じられます。

 

詳細はこちら

 

イギリスの南部で出会ったフランスの1950年代までのガラスのジャムポット。 フチが2段になっているものは、金属のキャップができるまでの古いもので、当時は、フタの代わりに麻布でかぶせて麻布などでしばっていたようです。 厚みのあるガラスで、今のものとは違うデザインも

 

イギリスの南部で出会ったフランスの1950年代までのガラスのジャムポット。

フチが2段になっているものは、

金属のキャップができるまでの古いもので、

当時は、フタの代わりに麻布でかぶせて麻ひもなどでしばっていたようです。

厚みのあるガラスで、今のものとは違うデザインも存在感があります。

 

詳細はこちら

 

1744年頃設立のRidgway Potteries(リッジウェイ)の1840年〜1900年頃のビクトリアンポッタリーになります。100年以上前のものですが、状態もよく、現役でお使いいただけます。

 

1744年頃設立のRidgway Potteries(リッジウェイ)の

1840年〜1900年頃のビクトリアンポッタリーになります。

100年以上前のものですが、

状態もよく、現役でお使いいただけます。

 

詳細はこちらから

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog.cocon-z.com/trackback/1057904
TRACKBACK